仕事ができる女、仕事ができない女、そんな人は存在しない!

一般女子

会社で当たり前にやっていることを、起業しても当たり前にやる。
これは、当然そうなります。会社員のときは会社員のお仕事をし、経営者になったら「会社員のお仕事+経営者のお仕事」をするわけです。

次のステージで、会社員のお仕事を切り離していくのですが、それまではとにかく忙しい。
それは仕方のないことで、その努力をしたくないというのでしたら、会社員のまま不安定でいた方が向いていると思います。

あ、話が厳しくなりましたね(^_^;)
でも、嘘はつきたくありません。

従って、仕事ができない人は、経営者になれません。

「給料泥棒」、「使えないやつ」、「あなたはいらない」なんて言われて、「できるようになりたい」と思わない人は、会社にしがみついていた方がいい。
しがみついていれば苦しいとは思いますが、正社員ならクビにはならないでしょう(40代、50代になったらリストラが待っていると思いますが・・・)。

でも、本当に、仕事ができない人などいるのでしょうか?

散々厳しいことを書きましたが、私は実は、「仕事ができない人なんて本当にいるのかな?」と思っています。

本当にいるのは、仕事ができない人ではなく、「仕事とやりたいことのミスマッチが起っている人」なのではないでしょうか?

「仕事ができる人」と言われている人は、「好きな仕事に夢中になっている人」なのだと思うのです。

英語ができないのに、英語が必要とされる部署に配属される。
細かい事務処理がたくさんある部署に、営業向きの人が配属される。
ホワイトカラー向きなのに、ブルーカラーの仕事をしている。

仕事は人生の1/3を占める重要なものなのに、お給料などの表面的な条件で簡単に決めてしまっていることが多いものです。
ミスマッチが起こっていると、毎日とても辛いはずです。

「PDCAサイクル」という言葉をご存知でしょうか?

ちょっと難しい話になりますが、「PDCAサイクル」という言葉をご存知でしょうか?
PDCAサイクルとは、次の4段階の頭文字をつなげたものです。

Plan(計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する
Do(実施・実行):計画に沿って業務を行う
Check(点検・評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する
Act(処置・改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする

仕事ができると言われている、好きな仕事をしている人は、これを自然にやっています。
多くの女性はこんな言葉は知らないまま働いているとは思いますが、好きなことをしている人は、自然にできているのです。

自然にできていない人は、仕事ができないのではなく、「その仕事が好きじゃない」のかもしれません。
嫌いなことは、PDCAをする気力も湧きませんし、無理にやっても目立った変化を見せることはできません。

プチ起業なら好きな仕事ができる!

自分が好きなことを選択してできるプチ起業なら、自然にPDCAサイクルを回せるようになります。
好きなことなのですから、勝手に好奇心が湧いて来て、勝手に身体が動きます。

上手にできるようになりたいと心が勝手に思い、ワクワクしながら改善が進みます。
言われたことを嫌々やる仕事とは違い、柔軟に変化を楽しむことができます。

アドバイスとしては、まずは、物を作ったり仕入れたり、ブランドを立ち上げるなどの、資金がかかり後に引きにくいものを避けて、頭を使ってやるプチ起業を考えてみましょう。
そして、月一冊でもよいので、関連の書籍を読んでみましょう。

その本で得た知識を、分かりやすく作り直し、人に伝える。
それだけでも、立派なプチ起業ができるからです。

自分の好きなことなら、あなたもプロになれます。
好きな仕事をしている女性起業家、カッコイイですね!

The following two tabs change content below.
新井ー
「会社で働きながら6ヵ月で起業する」一緒に考える起業支援キャリアカウンセラー。サラリーマン時代、23歳で会社員のまま起業。2007年、起業支援をスタート。全国で1000回を超えるセミナー・講演、10000件以上の起業相談に応じてきた実績がある。
好きな仕事で輝こう! あなたの「わくわくプチ起業」の始め方【セミナー@東京】