南の島で仕事をして、しっかりと稼いで生きていく準備中です!

正社員になりたがる人が多いですよね。
 

フリルバンドゥの水着
 

安定が目的でしょうか。
それとも、福利厚生でしょうか。

確かに、産休に入った社員の代わりに派遣を使う会社は多くて、派遣は使い捨てのイメージありますよね。

でも私は、そんなことで振り回されてイライラしている東京会社員生活なんかより、南の島で起業しちゃう女子の方に憧れます。

問題を乗り越えていく女性も格好いいですが、そんなことをそもそも問題としないというスタンスで、地方でインターネットを使って好きなことで起業して食べている女性の方がもっと格好いい。

八丈島とか、宮古島とか、そういう女性を見かけますよね。
 

東京にいる必要がない仕組みを作っていきます!

トート&iPhone
 

会社員時代、お客様が来社された時の上司の一言。
 

「誰か女の子、お茶入れて」
 

そして、打ち合わせ後に、
 

「おい、誰か女の子、今日接待参加できる子いる?」
 

こんな言葉を聞いていると、もう、なんだかバカバカしくなったものです。
起業して本当によかった。

私はコツコツと、東京にいる必要がない仕組みを作っていきます。

沖縄に住んで、自分と向き合える毎日を十分に味わいたい。
お金に関しては心配なこともありますけれど、人生は一度きり。

楽しんでいきます!
 

The following two tabs change content below.
岡崎 多恵

岡崎 多恵

公式ライター自立18
自立18の公式ライター。離婚を経験し、自由に生きることに目覚めたフリーランス。30代女性の自由な生き方と恋愛をサポートするカウンセラー兼コラムニストとして、全国で幅広く活動中。