子育てママのプチ起業体験談~女性らしく輝く毎日を

結婚後、妊娠・出産を経てプチ起業した私と数人のママ作家たちの体験談をお話しします。
 

自由な女性
 

アクセサリーを自分で作ることがとても大好きでした

私は独身の頃からアクセサリーを自分で作ることがとても大好きでした。
一時期はオークションで販売してみたりしていました。
結婚してしばらくは共働きでしたのでそんな暇が無くなっていたのですが、妊娠をきっかけに仕事を辞め、空いた時間にアクセサリー作りをまた初めました。

子育てが始まると、最初は忙しくて大変だったのですが、慣れてくるのと子供が成長してくるのとで、うまく時間が使えるようになってきました。
そんな時に、近所で行なわれるマルシェへ出品する話しが舞い込んできました。
それは、子育て中のママたちが集まって行なうマルシェで、私もすごく興味を持ったので恥ずかしながら参加することにしました。
 

きっと楽しいと思ったのでやってみようと思いました

当日は売れるのか心配だったのですが、思いのほか大盛況で持っていったアクセサリーはほとんど売り切れてしまいました。
それからマルシェが開かれる度に声をかけてもらえるようになり、何度も参加しているうちに顔見知りのお客さんから作り方を教えて欲しいという要望を受けるようになりました。
家で黙々と作品を作っている時間も好きでしたが、誰かに教えながら一緒に作品を作ることもきっと楽しいと思ったのでやってみようと思いました。

しかし、自分一人ではなにかと不安だったのでマルシェに参加している他の作家さんたちに声をかけてみることにしました。
すると皆さんも同じように作り方を教えて欲しいというような声をいつも頂くということで、思い切ってみんなで教室を開くことにしました。
 

思い切って始めてみて本当に良かったと思っています

一番に悩んだのは会場の確保でした。
どこかを借りるとお金がかかるので、どうにか負担を減らせないかということでパートナーなどに色々相談した結果、広いリビングがある作家さんのお宅を利用させてもらうことにしました。

定期的に交代で教室を開くことにして講師として教えない時はサポートスタッフとして働きます。
みんな主婦なので細かいことに気づくし、子供連れの生徒さんのお子さんの面倒をみたりとみんなで協力して教室を運営しています。
今では法人として活動できるまでに成長しました。

ママということで、時間的に拘束されてしまうパートやアルバイトよりも、自分たちで色々と計画しながら運営出来る教室は働きやすい環境にあります。
休みの日にはマルシェを開いてアクティブに活動しています。

「ママ」という環境を活かしながら仕事ができるので、思い切って始めてみて本当に良かったと思っています。
これから子供が大きくなるにつれて少しずつ環境が変わってくると思いますが、家のことと両立しながらうまく運営していけるように頑張ろうと思っています。
 

The following two tabs change content below.
新名彬子

新名彬子

サポートスタッフ自立18
自立18でサポートスタッフを担当。「何にも縛られない自由な人生を!」をモットーに、どんなことでも体験したい32歳。自身の体験談や想い、お客様の声をコラムでお届けさせていただいています。